デイケア

日向台病院 画像

デイケアについて

医師や看護師、作業療法士、精神保健福祉士などの医療チームの援助のもと、
活動を通じて社会参加・社会復帰を目指していきます。

日中落ち着いて過ごせる場所がほしい、仕事を始めたいけれど自信がない、退院はしたけれどまだ社会生活が不安など、気になることがある方はご利用ください。

新しい生活に向けての一歩を応援します。

プログラムの内容

当院のデイケアプログラムは活動的プログラムと専門的プログラムに分けられます。専門的プログラムだけを行うのではなく活動的プログラムと同時に行うとリハビリテーションとして効果があります。

活動的プログラム

手工芸、陶芸、園芸、お話し会、料理、スポーツ、タオル体操 など

専門的プログラム

認知行動療法、SST(社会生活技能訓練)、メタ認知トレーニング、心理教育 など

利用時間

月曜日~土曜日(日、祝日、年末年始はお休み) 午前または午後のみ(ショートケア)、1日(デイケア)、夜間(ナイトケア)、 1日+夜間(デイナイトケア)があります。

ご利用にあたって

参加を希望される方は、主治医、外来看護師、デイケア担当者にご相談ください。見学も随時受け付けております。 デイケア内に訪問支援もあり、必要な方は在宅支援とリハビリテーションを同時に行うこともできます。 通院先が当院以外でデイケアのみ利用されたい方も利用可能です。ご相談ください。


費用について

自立支援医療受給者証をお持ちの方は自己負担額が1割となります。 1日参加の方は食事が提供されます。(利用料金に含まれます) 横浜市内居住の方は、通所に必要な交通費の助成制度があります。

ご家族の皆様へ

日向台病院デイケアでは月1回(土曜日)、半年を1クールとした家族教室を開催しております。 精神的な病を抱える方のご家族が手を結び合い、支え合って次のような活動を行っています。

  • ・同じ立場のご家族が交流できる場があります。
  • ・当事者との関わり方や対応の仕方を考えていきます。
  • ・病気や障害について理解を深めます。
  • ・社会復帰に向けた資源・取り組みについて学びます。
  • ・情報や悩みを共有し合い、ご家族の息抜きを図っています。

また、半年ごとにご家族の中から2名ずつ「世話人役」を担って頂き、活動内容をデイケアスタッフと共に計画しております。


参加方法

当院デイケアに通所しているメンバーのご家族、又はその関係者であればどなたでも参加できます。申し込みは不要です。 ご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。

(日向台病院デイケア 直通携帯番号:090-2300-8441)

「家族教室スケジュールはこちら」

デイケア週間プログラム

午前 午後 ナイトケア
新入所グループ 料理プログラム 文章書き出し 生活力アッププログラム 頭の体操

(認知力トレーニング)

心のリラクゼーション

(マインドフルネス)

ナイトケア
園芸活動 ぴあサポート

(語り合い)

コミュニケーション トレーニング 認知行動療法

(CBT)

体操

(タオル体操)

生活応用プログラム
手芸・絵画・革細工 男性グループ 認知行動療法

(CBT)

体操

(タオル体操)

生活応用プログラム ナイトケア
スポーツ グループワーク

(テーマトーク)

生活習慣病プログラム

(糖尿病)

手芸・工作等 メタ認知トレーニング

(MCT)

料理プログラム 新聞・動画作り 陶芸 社会生活技能訓練

(SST)

就労準備プログラム ナイトケア
手芸・工作 お菓子作り パン作り スポーツ
その他に自主活動や月1回の全体ミーティングがあります

※土曜日は週替わり

『デイケアのプログラム内容』について

今月